春日部

1/3ページ

【春日部市史】公共施設の充実1

税金滞納により赤字の横綱だった 市制施行に先立つ6月に県に提出された「新市建設計画書」においては、市役所をはじめ、学校・図書館などの教育文化施設の整備新設、保育所・児童公園の新設、各種道路の新設。改修などをめざすなど、公共施設の拡充をうたい上げていた。それらは、旧春日部町と旧四村の格差を埋め、一つの […]

【春日部市史】春日部市合併地域の現況

五町村の業態生業の割合 昭和29(1954)年の合併申請時の、五町村の現況はどのようなものであったろうか。それは新春日部市の成立時の市勢を示すものでもある。合併申請時書に付された「現況表」によればその概要は以下のとおりである。 まず、「業態生業の割合」をみると、都市的業態のうち商工業の従事者数では新 […]

【春日部市史】春日部市の誕生

町村合併促進審議会と地区町村合併推進協議会 昭和27(1952)年5月、町村規模適正化委員会を設置していた埼玉県では、町村合併推進法の方針に基づき、適正化委員会に代えて28年10月6日に「埼玉県町村合併審議会」を設置し、審議会の答申を受けて、各郡単位に市町村の長および議会の議長全員をもって構成する地 […]

【市議会質疑応答】放課後児童クラブの運営について(平成30年12月定例会 小久保 博史議員)

2019年度から放課後児童クラブの運営はA、B、Cブロックに3分割され、ブロックごとに指定管理者が運営することになった。2018年に公募をしたところ、これまで運営していた社会福祉協議会が参加申請せず、株式会社トライグループが申請・採用された。トライグループとは、家庭教師のトライなどの教育事業や人材派 […]

無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その3 秋山文和県議

3県議に3つの質問 無投票について、当の議員はどう思っているのでしょうか。春日部市(東第7区)の3議員にアンケートをとりました。回答順に掲載していきます。 質問は次の3つを3議員にしています。 Q1 無投票となった結果をどう感じていますか? Q2 無投票のメリット、デメリットなどありますか? Q3  […]

無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その2 権守幸男県議

3県議に3つの質問 無投票について、当の議員はどう思っているのでしょうか。春日部市(東第7区)の3議員にアンケートをとりました。回答順に掲載していきます。 質問は次の3つを3議員にしています。 Q1 無投票となった結果をどう感じていますか? Q2 無投票のメリット、デメリットなどありますか? Q3  […]

無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その1白戸幸仁県議

無投票だからこそ、議員に陳情をしていこう 4月7日に行われた埼玉県議会議員一般選挙で、春日部市(東第7区)は、定数3の議席に立候補者が3人(現職)のため、無投票となりました。埼玉県全体では52区定数93人中22選挙区31人が無投票で県議会議員になりました。 ※詳しくは2019年3月31日アップの当サ […]

【インタビュー】権守幸男 埼玉県議会議員

ネットワークを駆使して、住民の要望に応える ■県議会議員の仕事とは? <ネットワークの中継地点のような仕事が多い> ――県議会議員は議会のほかにどのような仕事をされていますか? 行政単位として、市、県、国という区別がありますが、住民の皆さんにはこれが市の管轄で、ここからが県の管轄だという線引きはない […]

【インタビュー】 白土幸仁 埼玉県議会議員

自慢できるコンテンツをつくって、愛着と誇りを持たせる! ■県議会議員の仕事とは? <埼玉県は議員提案で成立した条例の数が全国一位> ――県議会議員は議会のほかにどのような仕事をされていますか? 実は、県議会は会派の代表質問というかたちになっていて、市議会のように議会ごとにほとんどの議員が質問できると […]

【春日部市史】戦後の春日部市域農業2(新しい農業と都市化の共存)

農業経営の合理化に乗り出す 戦後の春日部農業をふりかえりながら当時の農業委員会委員長山口宏は、『営農は急速に進展し、商魂にたくましい業者は新式の機械を速成し、人の心の弱点をとらえて各個にその業績をのばしています。土地は、首都圏整備法と工場管理の余波をうけ都心に便利な近郊地帯として郊外移転の工場用地と […]

1 3