無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その3 秋山文和県議

無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その3 秋山文和県議

3県議に3つの質問

無投票について、当の議員はどう思っているのでしょうか。春日部市(東第7区)の3議員にアンケートをとりました。回答順に掲載していきます。

質問は次の3つを3議員にしています。

Q1 無投票となった結果をどう感じていますか?

Q2 無投票のメリット、デメリットなどありますか?

Q3 いまの春日部の課題を教えてください。

秋山文和県議の解答

 Q1 無投票となった結果をどう感じていますか?

全力で準備をしていただけに「意外であり、残念」でした。

 Q2 無投票のメリット、デメリットなどありますか?

無投票のメリットはなにもありません。
4年に一度は、必ず選挙で審判をあおぐ必要があります。選挙民にとっては大事な権利が奪われることになってしまいます。民主主義の根幹である選挙は無投票にならないよう、1~2人区などを合区にしていくことが大切です。

Q3 いまの春日部の課題を教えてください。

子育て支援に重点を置くべきです。長時間労働をなくし、教育費が高すぎないようにするなど国の整備も必要です。

 

【関連】無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その1白戸幸仁県議

【関連】無投票選挙について 当選議員へのアンケート【埼玉東7区】その2 権守幸男県議

選挙カテゴリの最新記事