農業

【春日部市史】戦後の春日部市域農業3(都市化の波と農業)

農地が宅地、工場、道路に 春日部市は東京近郊で交通も便利なことから農業の土地利用、畑の水田化という変化だけでなくて宅地化や工業用地としての利用が目立って増えてきた。昭和30年代に入ると都市化の波が漸次押し寄せてきて、農地転用問題が登場してきた。昭和34(1959)年度において春日部農業委員会の宅地転 […]

【春日部市史】戦後の春日部市域農業2(新しい農業と都市化の共存)

農業経営の合理化に乗り出す 戦後の春日部農業をふりかえりながら当時の農業委員会委員長山口宏は、『営農は急速に進展し、商魂にたくましい業者は新式の機械を速成し、人の心の弱点をとらえて各個にその業績をのばしています。土地は、首都圏整備法と工場管理の余波をうけ都心に便利な近郊地帯として郊外移転の工場用地と […]

【春日部市史】戦後の春日部市域農業1

敗戦直後の農業 敗戦直後の春日部地域の農業は生産するというよりも国が制(ママ)り当ててくる農家への義務、特に米・麦の供出割合をどう軽くし、自分の家の食糧を残すかという傾向が強かった。それに、この間に村の中の不正問題などをめぐっての争いなどが発生し、混乱していた。肥料も十分ないし、燃料もないし貨幣価値 […]