内牧

【春日部市史】戦後の春日部市域農業3(都市化の波と農業)

農地が宅地、工場、道路に 春日部市は東京近郊で交通も便利なことから農業の土地利用、畑の水田化という変化だけでなくて宅地化や工業用地としての利用が目立って増えてきた。昭和30年代に入ると都市化の波が漸次押し寄せてきて、農地転用問題が登場してきた。昭和34(1959)年度において春日部農業委員会の宅地転 […]

【春日部市史】戦後の春日部市域農業1

敗戦直後の農業 敗戦直後の春日部地域の農業は生産するというよりも国が制(ママ)り当ててくる農家への義務、特に米・麦の供出割合をどう軽くし、自分の家の食糧を残すかという傾向が強かった。それに、この間に村の中の不正問題などをめぐっての争いなどが発生し、混乱していた。肥料も十分ないし、燃料もないし貨幣価値 […]

【春日部市史】春日部町の成立

粕壁町と内牧村の合併 行政機構の整理 昭和17(1942)年6月全国町村長会は、町村決戦体制確立実行方策要綱を出し、(1)町村内の諸勢力の結束強化のため、その指導性の確立、(2)町村内諸組織の統合と事務の能率化、(3)町村内諸団体・組合活動の合理化と食糧増産、という三大目標を発表した(『新編埼玉県史 […]