東武鉄道

【春日部市史】春日部市合併地域の現況

五町村の業態生業の割合 昭和29(1954)年の合併申請時の、五町村の現況はどのようなものであったろうか。それは新春日部市の成立時の市勢を示すものでもある。合併申請時書に付された「現況表」によればその概要は以下のとおりである。 まず、「業態生業の割合」をみると、都市的業態のうち商工業の従事者数では新 […]

【春日部市史】総武鉄道の開通と乗り合いバス営業

総武鉄道の開通と乗り合いバス営業 総武鉄道の開通 現在の東武鉄道春日部駅は、伊勢崎線(浅草・伊勢崎線間)と野田線(大宮・船橋間)が交差する駅となっているが、この東武鉄道野田線の歴史は大正10年(1921)の北総鉄道会社の設立に始まる。北総鉄道は、同年11月に千葉県の柏・船橋間の敷設免許を獲得し、12 […]

【春日部市史】東武鉄道の開業

東武鉄道の開業 東武鉄道の設立が出願されたのは明治28(1895)年4月であったが、同鉄道は同年6月22日に逓信大臣白根専一から仮免状を下付された。そこで、同年10月16日、東京市日本橋区坂本町の銀行集会所で創業集会が開かれた。資本金は265万円(5万3000株)、株主数は487人であったが、創業総 […]