春日部駅付近連続立体交差事業及び関連する都市計画に関する説明会

春日部駅付近連続立体交差事業及び関連する都市計画に関する説明会

6月23日(日)、24日(日)と春日部駅の立体交差事業についての説明会が開催された。

春日部市のHPや広報かすかべで周知されており、会場はほぼ満席。多くの市民が関心をもっていることが確認できた。その内容をあいさつ、事業説明、質疑応答の3パートで以下にアップした。

春日部駅付近連続立体交差事業及び関連する都市計画について(あいさつ)

春日部駅付近連続立体交差事業及び関連する都市計画について(説明)

春日部駅付近連続立体交差事業及び関連する都市計画について(質疑応答)

今回は、あくまで事業の説明とのことで、内容は動画などをみてほしい。
そのあと原案の閲覧、公聴会、計画案の提出、審議、決定という流れになるとのこと。そして決定したら、計画用地の設定や用地の買収などがあり、それらが完了してから建設事業がスタートするという。
建設期間は最短で12年。というか、12年を目指して頑張るというもので、それより伸びる可能性も否定できない。
なかなか先が長い事業になる。
事業決定までスムーズにいっても、用地買収はそこに住んでいる人たちがいる以上、なかなか進まないのは誰が見てもわかること。市の都合で家を立ち退けというのは、そうそう納得できるものではない。
春日部の東西がつながる日はまだまだ遠い。
またかつて春日部市のHPで掲載されていた計画スケジュールはHPからも削除されている。係員に尋ねたところ、そのときは伊勢崎線6線、野田線2線だったため(現在は伊勢崎線6線、野田線4線)、計画そのものが変わったため、ないものと思っていいとのことだった。
しかもその計画やスケジュール表もHPから削除されている。過去の取り組みやデータは経緯を知る上でも市民にとって貴重な情報だ。ないものとして取り下げるという市の姿勢は、臭いものに蓋をするようで正しいとはいえない。

春日部駅立体交差事業カテゴリの最新記事